チャート(概要)
  1. 1年目は『 体力 』『 調教技術 』が低いので、育成主戦馬の騎乗調教は『 助手 』に任せて下さい。2年目の皐月賞以降は学習系の能力アップの効果もあるので、なるべく自分で騎乗して下さい。
  2. 『 情報 』→『 人物 』→から『 社来RH 』を選択して『 コマンド 』→『 アイテム 』から初期設定で持ち込んだ、馬主用の10ポイントのアイテムを装備する。そして最初の2週間でリセットを使い、『 ザッツザプレンティ 』の主戦になって下さい。そして今度は同じ方法で『 遠藤俊英 』にアイテムを渡して、3月1週までに『 アドマイヤグルーヴ 』『 アドマイヤドン 』の主戦になって下さい。訪問すれば友好度が上がるので、2月後半くらいから主戦になりやすくなると思います。チャートの場合は、この期間で 『 アドマイヤマックス 』の主戦にもなっています。多分リセットの繰り返しで、1時間以上かかる場合もあると思います。 リセットのやり方は『 主戦立候補のリセット(その他攻略情報) 』参照。(筑波の体力・気力の課題はクリアしなくてもOK!)
  3. 初期設定で持ち込んだ、騎手用の10ポイントのアイテム×3を『 榛名 』『 赤石 』『 岡本 』に渡して友好度を上げて下さい。渡すタイミングは、主戦立候補のリセットで活用するので、3月3週までならいつでもOKです。
  4. 最初は騎乗交渉で断られる場合が多いですが、『 強気に交渉 』はしないようにして下さい。名声が高い状態なので、通常よりは交渉に応じてもらえます。
  5. 能力の低い1年目は、各知人の『 !(茶) 』トレーニングイベントが発生しやすいと思います。トレーニングイベントは必ず完全成功して、『 +100 』になるようにして下さい。失敗した場合や他のイベント(食事など)だった場合は、全てリセットして下さい。
  6. 各能力の上げ方については、『 チャート(能力) 』を必ず参照。
  7. 8月4週までに『 アドマイヤマックス 』『 スイープトウショウ 』の主戦になって下さい。やり方は前回と同じですが、1頭に何週も時間をかける余裕はないので、 アドマイヤマックスは1週で、スイープトウショウは3週以内と考えて下さい。名声、友好度も上がっているので、難しくないと思います。また『 藤川浩一 』はアイテムを渡してから『 訪問 』するように。
  8. 中央10場重賞勝利 』はローカル重賞が残ると思うので、制覇した重賞の開催地をメモしておきましょう。『 8大競争制覇 』は『 天皇賞(秋) 』が難関になると思います。1年目に勝利できなかった場合は、友好度の高い馬主の所有馬の次走をチェックして、主戦立候補するのが簡単です。9月にアドマイヤマックスの次走が『 オールカマー 』になっている場合は、天皇賞(秋)にも出走してくれるので、簡単に勝利できます。
  9. 1年目はポイントを稼ぐために重賞に騎乗したくても、主戦になっている馬以外では中々騎乗依頼や、交渉ができないと思います。今後の重賞への騎乗回数を増やすためにも、夏場は筑波厩舎の競走馬を中心に『 2歳戦 』と3歳〜5歳の『 OP 』『 16下 』のレースに騎乗して勝利して下さい。1度騎乗して勝利しておくと、次走以降、騎乗依頼や交渉が可能になる場合があるので、秋から2年目の前半にかけて 、重賞の騎乗回数が増えてきます。距離適正、馬場適正、牡牝なども考えて、いろいろなタイプの競走馬に騎乗するようにして下さい。 好騎乗すれば主戦になれる可能性もあります。またザッツザプレンティ、アドマイヤグルーヴ、アドマイヤドン、キングカメハメハ、アドマイヤマックス、スイープトウショウなどの主戦馬に限らず、出走する重賞は全て勝利する気持ちでいて下さい。騎乗に失敗した場合は全てリセットです。(距離適正など能力的に絶対に勝てないレースもあります。)
  10. 赤石、岡本、穂高のイベントクリアは、赤石は2年目の春以降、岡本、穂高は2年目の秋以降に同じGIに出走する必要があります。岡本は問題なくクリアできると思いますが、問題は赤石と穂高となります。穂高はプレイヤーの育成主戦馬の乗り替わりなど、筑波厩舎の競走馬に騎乗する場合が多いので、筑波厩舎の主戦馬を好騎乗やイベントで増やし、さらに重賞を勝利していけば、秋のGIに出走時に、プレイヤーの乗り替わりで 、同GIに騎乗してくれると思います。赤石は『 情報 』から主戦馬をチェックして、騎乗できる機会があれば、どんどん勝たせておきましょう。また赤石、穂高、岡本の主戦馬をプレイヤーが奪わないように。(穂高はミカクリア後に攻略していきます。) 穂高に関しては下記の『 穂高クリアチャート 』を参考にして下さい。また2年目秋のGIに出走週に岡本、赤石、穂高『 !(赤) 』が重複した場合は、赤石を優先して下さい。
  11. ミカは『 !(赤) 』をチャート通りに進めていけば、問題なくクリアできますが、2年目3月1週以降のラストの『 !(赤) 』(看病イベント)は、10月まで実行しないように放置して下さい。またこのチャートでオール『 S 』を狙う場合は、ミカエンディングが必要不可欠なので、2年目のダービーに騎乗してしまうと『 榛名 』エンディングになってしまうので、騎乗しないようにして下さい。
  12. 筑波は必ずチャート通りの選択肢を選びながら、『 !(赤) 』を実行していけば、2年目の皐月賞をキンカメで勝利すればクリアできます。とにかく選択肢を間違えないように注意して下さい。
  13. キンカメは『 欧州3冠 』or『 米国3冠 』を狙いたいので、皐月賞までは最優先で騎乗して全勝して下さい。皐月賞勝利後は、筑波に『 ケンタッキーダービー 』『 イギリダービー 』のどらかを必ず選択して下さい。『 ケンタッキーダービー 』を選んだ場合は『 米国3冠 』になり、7月3週の筑波の課題までに4勝できるので、『 学習系 』の6項目が+40以上成長します。『 イギリダービー 』を選んだ場合は『 欧州3冠 』になり、達成後『 BCターフ 』にも挑戦できます。騎乗が簡単なのは『 欧州3冠 』だと思いますが、能力の成長を優先するのであれば『 米国3冠 』を選択して下さい。
  14. 年末に名馬カードを所持している場合、ディープインパクト、シーザリオを育成主戦馬にできます。
  15. 3月〜4月くらいには友好度『 100 』の知人×5で『 友情の契り1 』を入手できるので、金村慎介(馬主)に渡して放置して下さい。キンカメの活躍と『 友情の契り1 』の効果で8月くらいには、自然に友好度が『 90 』以上になるので、訪問して『 最高級双眼鏡 』を入手後、自分に装備して『 相馬眼 』を上げて下さい。
  16. 必ず2年目の4月1週のセーブデータを別に残して下さい。【※1】(後で榛名攻略に使用します。)
  17. 榛名イベントの攻略は【※1】のデータを使用して、1度クリア後に攻略します。それまでは必ずチャート通りの選択肢を選びながら、『 !(赤) 』を実行して下さい。
  18. 必ず2年目の9月4週のセーブデータを別に残して下さい。【※2】(後で穂高攻略に使用します。)その後放置していたミカの『 !(赤) 』ラストを10月中に実行して、とりあえずミカエンディングを確定させて下さい。
榛名クリアチャート
  1. 2年目の4月1週のセーブデータ【※1】をロードする。
  2. 皐月賞まで進めてキンカメに騎乗する。
  3. 勝利後の選択で『 先生に任せます 』を選択する。
  4. 『 榛名 』コマンドで友好度を『 90 』以上にしながら、ダービーまで進める。
  5. ダービーでキンカメに騎乗する。(レース前に榛名の海外行きのイベントが発生)
  6. ダービーをキンカメで勝利する。
  7. 12月4週の有馬記念まで進める。
  8. 有馬記念をキンカメで勝利後、榛名からアイテム『 リーディングのムチ 』を入手。
  9. アイテムをセーブして終了。
    キンカメに3回騎乗するだけなので、15分前後で終わります。
穂高クリアチャート+エンディングCG
穂高が2年目の秋にプレイヤーと同じ、中央GIに騎乗しないと攻略できません。穂高はプレイヤーが騎乗を断った筑波厩舎の馬に、乗り替わりで騎乗する場合が多いので、プレイヤーは2年目の秋以降の各GI騎乗依頼時に 、できるだけ筑波厩舎以外の競走馬に騎乗するようにして下さい。(ザップレなど)1年目の課題クリアで入手した主戦馬で、重賞を2〜3勝していれば、有馬記念で乗り替わりで騎乗してくれると思います。しかし確実に攻略する方法はないので、 それまでに好騎乗で、筑波厩舎の馬をなるべく多く主戦にして、重賞をどんどん勝たせることで、確率を高めておきましょう。またエンディングCGを回収したい場合は、男性キャラであること、放置してあるミカ『 !(赤) 』ラストを絶対に実行しないことです。
  1. 2年目の9月4週のセーブデータ【※2】をロードする。
    放置してあるミカ『 !(赤) 』ラストを絶対に実行しないこと!
  2. 中央のGIを上記のを参考に騎乗して、穂高『 !(赤) 』を待つ。
    有馬記念が確率が高いと思うので、有馬記念まで進めてみて、失敗したらリセットしてみるといいと思います。
  3. GI勝利後、穂高からアイテム『 ラブパワー 』を入手。
  4. エンディングまで進めてアイテムをセーブして終了。(穂高エンディング)
    何回もリセットしていろいろなパターンを試せば、クリアできると思います。
ウイニングポストワールド攻略
楽天ゲーム
チャート